2016年10月第3週

2016 10.23 SUN
Photo by Roman Drits / http://barnimages.com/

2016年10月第3週

今週は3トレードでした。
私のメイン通貨ポンドがヨコヨコのせいで私にはノーチャンス続きだったので、3トレードしましたがpips的にはショボショボでした。

今日は期待値の罠について。

fxのみならず他の金融商品やギャンブルでも、よく「期待値がプラスなので、続ければ最後は勝てる」というような言葉を聞きます。

この言葉には大きな落とし穴があります。

それは、前提条件として「無限回数試行したら」という重要な事柄が抜けているという点です。

なぜこれが重要なのでしょうか。
それは、この前提条件が抜けるということは、以下の2点を無視しているということだからです。

①時間は有限なので、無限回試行(ないしは、無限回とみなして良いほど十分な回数の試行)ができない。

②種銭は有限である。

つまり、十分回数試行する前に資金が尽きる確率を無視していることが問題なのです。

fxについて言えば、勝率とペイオフレシオのバランスが非常に重要になってきます。それによって、破産確率を抑えることが出来ます。

[まとめ]
「期待値がプラスであれば、勝率なんてどうでもいい」と考えている方がいますが、それは無限に資金があって初めて成り立つ理論です。また、何度かの勝ちが一回の負けで吹き飛ぶ(=コツコツドカン=ペイオフレシオが低い)方は、勝率をいくら上げてもいつでも死ねます。

勝率とペイオフレシオのバランスが大事というお話でした。

この記事が参考になった方はクリックお願いしますm(_ _)m


トレード日記ランキング