裁量トレードの「裁量」について

2016 12.18 SUN
kaboompics-com_cup-of-hot-tea-with-orange-slice-2

裁量トレードの「裁量」について

12月はやはり難しいですね。『悩んだらスルー』の鉄則に基づいて、10日間ノートレードです。来週はもうクリスマス/ニューイヤー休暇でしょうから、今年はもうノーチャンスかもしれません。

今日は裁量トレードの「裁量」とは何か?について少しだけ。

***

私のfxトレード手法は、ラインを利用した裁量トレードです。
それは私だけではなく、安定して勝っているトレーダーに最も多いスタイルなのではないかと思っています。(ブログやtwitterを根拠にした私見です。)

この「裁量」ですが、言葉の意味通りトレードに当てはめてみると、【その場その場で自分の意見・考え方で判断して行動すること】となります。
しかし、それで勝ち続ける事ができるのは少数の幸運な人だけでしょう。
「勝つこと」ではなく「勝ち続けること」です。

では「裁量」とは何でしょうか?

私は次のように考えます。

fxトレードで勝ち続けるために必要な技術の一つに「同じ状況で同じ判断を下せること」というものがあります。
同じ状況で異なる判断を下していたら勝ち続けることが出来ないのは当然です。
fxで勝ち続けるためには「再現性のある判断・行動」が必須なのです。

つまり、【その場その場で】では良くないのです。常に「この場合はこうする」と、一つの状況に対して一つの行動が1:1で決定される必要があります。

したがって、「裁量」とは【相場の状況を分析・判断して、その状況の場合にとるべき行動をとること】ではないだろうかと私は考えます。

繰り返しになりますが、相場の状況ととるべき行動を1:1で結ぶためには、「再現性」が必要です。
同じ状況で同じ判断を下せなくてはならないのです。

ライントレードにせよインジケータを根拠にするにせよ、常に同じ引き方・同じ読み取り方が出来ることが重要になります。
どう引くか・どう読み取るのか・パラメータをいくつにするのかは、さして重要ではないのです。(ここについては時間があればまた後日記事にします。)

まとめます。

「裁量」トレードとは、予め決定された再現性のある行動をとり続けること、だと思います。
しかし、同じ状況を常に同じく判断することはとても難しく、「こうとも読み取れるし、こうとも読み取れる」という場合もよくあります。そんな時は冒頭で挙げた『悩んだらスルー』ルールの発動となるわけです。
余計な負けトレードがかさむ人は真似してみてください。

この記事が参考になった方はクリックお願いしますm(_ _)m


トレード日記ランキング